必ず知っておくべきマイクの正しい持ち方

よく見る間違ったマイクの持ち方

よくビジュアル系のアーティストがマイクの頭の部分を覆うようにマイクを持ったり、ラッパーがマイクの先端を斜め上の方に向けちゃったりしている姿を目にしませんでしょうか?

あれはパフォーマンス的にはご自由にやっていただければと思いますが、PA的な立場から申しますと、即刻でやめていただきたい間違ったマイクの持ち方なんです。

そんな小生も若かりし頃はビジュアル系バンドにガッツリとはまり、このような歌い方を当たり前のように目にしておりましたので、ただ単純にカッコイイな、と思っておりました。

しかし、良い音のためには、マイクの性質を理解して正しく持つことが大切です。ここでは、これを知っておけば損はない、正しいマイクの持ち方と、間違った持ち方はなぜいけないのかを解説していきます。

マイクには穴が開いている?

まずはマイクの基本的な構造について解説いたします。

一般的に、カラオケやセミナー会場、ボーカル用のマイクは「単一指向性マイク」と呼ばれているもので、おそらく多くの方が普段目にしていることでしょう。

マイクには、どの方向からの音をよく拾うか?によっていくつかのタイプに分かれており、無指向性マイクや、双指向性マイクといったものも存在します。

ここでは、単一指向性マイクについて詳しく説明いたします。

単一指向性マイクの構造

単一指向性マイクは、正面から入る音を集音するような構造になっています。

音はマイクに対していろいろな方向から入ってきますが、では、後ろの方から来る音はどうなっているでしょうか?

ここにポイントがあるのですが、後ろから来る音をカットして、前方の音のみを拾っているのではなく、後ろから来る音はキャンセルして打ち消すような仕組みになっているのです。

どういうことかと言いますと、下の図で説明いたします。

マイクの振動板

マイクには「振動板」という板があり、ここで、声などの音、つまり空気の振動をキャッチして、それを電気的な信号に変換します。

正面から来る音は、そのまま振動板に伝わります。

しかし、後方から来る音は、マイクのヘッド部分にあるグリルと呼ばれている網上の穴を通り抜け、さらにマイクの後側面に空いている、空気穴からも音の振動が伝わってきます。

マイクには、空気の流れる穴が開いているんですね!

これは皆さんご存じでしたでしょうか。

そして、マイクの構造の面白いところは、後ろから来た音は、空気穴を通過するルートと、マイクのグリルを回り込んで前からも入ってきます。

そこで、後ろから来る音のスピードを調整して、前から回り込んでくる音と振動板に到達するタイミングを合わせるようにしてあり、前と後ろの両方向から同時に振動板に到着するようになっています。

そうすると、振動板は、プラス方向の動きとマイナス方向の動きが相殺、つまりキャンセルされて、振動板が振動しないことになるのです。

このような仕組みで、後ろから来る音はキャンセルしつつ、前からの音はそのまま拾うことで、単一指向性という方向性を持たせることができるわけです。

マイクのヘッドを握ることの4つの弊害

その1:余計な音を拾ってしまう

ここまで単一指向性のマイクの構造について触れてきました。それでは、マイクのヘッド部分を覆いかぶせるように握ってしまう持ち方をするとき、マイクにはどのようなことが起きているのでしょう?

マイクのヘッド部分を覆ってしまうということは、マイクの後方から入ってくる音のキャンセル機能が働かなるということです。

そうすると、本体はマイクの前方の音に集中して拾いたかったものが、周囲の音も拾い始めてしまうことになりますので、会場の騒音であったり、バンドの場合はギターやベース、ドラムなどの他のパートの音も入り込みやすくなってしまうのです。

その2:音質が悪くなる

マイクのヘッド部分を覆ってしまうと、音がモコモコとこもった音になります。

ボーカルの場合は、主役としてクリアな音を他の楽器にも負けないようにしっかりと聴かせたいところです。しかし、せっかくの声がモコモコになってしまうと、いまいち輪郭の不明瞭な音質になってしまいます。

このとき、PAとしての私はモコモコした音質を補正するために、EQ(イコライザー)という機材を使って、少しでも聞きやすくなるよう音質の補正に取り掛かります。本来であらば削らなくても済む声の成分を削ってしまうと、本体の声の持ち味が失われて、芯の弱い声になってしまいます(もちろん、極端に声質が変わらないように、最大限努力をして補正していくのがPAなのですが。)

その3:モニターが聞こえにくくなる

ボーカルがマイクを覆って握ってしまうと、前述のようにPAとしては音の補正をせざるを得ません。そうすると、ボーカルの方にとっては、普段聞きなれている自分の声とは少し違って、芯がなく、音が小さく聞こえてしまいます。

ボーカルなどのプレーヤーには、自分の音を聞くためのスピーカーとして、モニタースピーカーを設置します。会場のお客様に向けて聴かせるものとは別の用途になります。このモニターの音を聴きながら自分たちの演奏をしていくのですが、この音が小さいと、歌や演奏が非常にやりにくくなります。

PA的には、余計な音をEQでカットする → ボーカルが音をもっと欲しがり、ますますマイクに覆いかぶさる → 余計な音が増える の負のスパイラルに陥ります。

その4:ハウリングを起こしやすくなる

ハウリングは、キーンと耳が痛くなるような音で、マイクからの音の入力と、スピーカーからの音の出力がループしてしまうときに発生します。前述の負のループが発生してしまうと、ボーカルはモニターの音をもっと欲しがってしまいます。

ここで単一指向性マイクの特徴をもう一度思い出していただきたいのですが、本来、マイクの後ろ(今の話で言いますと、モニタースピーカーから音が鳴る方向)から来る音は、キャンセルされるはずです。しかし、マイクを覆ってしまうとその機能が働かなくなってしまいますので、モニタースピーカーから出た音が、より一層マイクに入り込みやすくなり、その結果、信号のループが発生し、ハウリングが起こりやすくなります。

もちろんPAは、この負のスパイラルに陥らないように、あの手この手で対策、対応をしますが、極端に言いますと、マイクの持ち方ひとつで、このような弊害が発生し得るということです。

正しいマイクの持ち方はこう!

まずは画像で、良いマイクの持ち方の例を示します。

このように、マイクのヘッド部分を覆い隠さず、マイクのグリップ(柄の部分)を持つのが、正しい持ち方です。

マイクの正しい持ち方は、マイクとの適切な距離と角度をとることも大切です。

マイクとの適切な距離と角度

ここで、私にお気に入りのマイクメーカー、SHUREのHPより、マイクの距離と位置について説明がありましたので、引用させていただきます。

「一般的な用途と配置方法が以下の表に記載されています。マイクロホン技術は個人の嗜好に大きく依存しており、「正しい」マイクロホンの位置があるわけではないので、この点にご留意ください。」という注釈が添えられていますが、マイクの配置と音質の関係がまとめられています。

以上、マイクの正しい持ち方をご紹介いたしました。

これで、今度から、カラオケ、会社のプレゼン、セミナー、司会などの出番があるときは、正しくマイクが持てますね!