海外の激安ワイヤレスマイクがヤバすぎる件

以前ここのブログでも触れましたが、日本国内では、「電波法」によって、電波や無線、放送などに係る法律が存在します。

日本では電波法があり、使用できるワイヤレスマイクには制約があります。まずは音響のプロに相談しましょう!

音響で使うワイヤレスマイクにも、誰でも好きに使えるタイプのものと、電波法によって使用が制限されているタイプがあります。

詳しくは、「ワイヤレスマイクの周波数について」を参照

電波法に違反したらどうなるのか?

もしこの電波法に違反してしまったらどうなるのでしょうか?

規格外であるラジオマイク(ワイヤレスマイク)を使用すると、不法に電波を出したことになってしまい、処罰されます。

罰則は「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」!

そして、これがもし公共性の高い無線局に妨害を与えてしまった場合は、罰則がさらに重くなり、「5年以下の懲役または250万円以下の罰金」となります!

しかも、罰則を受ける対象者は、ワイヤレスマイクを販売したり、レンタルした側ではなく、電波を出した使用者本人になります。

もし知らないうちに電波妨害をしてしまっていたら、大変なことになってしまいますね。

amazonで検索してみた

昨今ではネットでほとんどものがボタン一つで購入できる便利な時代になりましたね。

試しにamazonで「格安」「ワイヤレスマイク」のキーワードで検索してみますと、信じられないような安さのマイクがたくさん出てきます。

私がよく使うワイヤレスマイクのメーカーは、SHURE、audio technical、SENNHEISER、SONY、AKGなどです。もちろんこれら以外にも良いワイヤレスマイクはたくさんあります!

しかし、ネットでは(おそらく海外製と思われる)聞いたことがないメーカーが多く出回っています。その周波数帯を見てみますと、電波法で規定されている周波数帯以外のものがあります!

気を付けるのは、周波数だけではない!?

さらに、気を付けなければいけないのは、周波数帯だけではなく、電波の「強さ」にも制限があるということです。

総務省HPでは、以下のような説明がありました

***

一般に使用する無線機の殆どに特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)が付いています。

技適マークが付いていない無線機は、「免許を受けられない/違法になる」恐れがありますので、無線機を購入・使用する際は十分ご注意下さい。

***

周波数だけが電波法に記載される範囲に収まっていればよいという訳ではなく、その強度や、製品が日本で認証を取っているか?ということにも注意をしなければなりません。

ということで、ネットで海外製の激安マイクを購入してしますと、思わぬところで、罰則を受けてしまう可能性があります。

このようなマイクを購入する時は、そのマイクの電波の周波数帯が認められている国に行って使用するか、鑑賞するだけにしてくださいね(;^ω^)

ワイヤレスマイクの周波数について

お客様からのご質問で非常に多いのが、ワイヤレスマイクに関するお話です。周波数帯の種類によって、メリット・デメリットがありますので、お客様が現場で必要とされる、目的・本数・現場環境に最適なプランを考えなければなりません。同時に使用できる本数にも制限があります。

ここでは、ワイヤレスマイクの種類と特徴、そして選び方について簡単にまとめました。

ワイヤレスマイクの周波数の種類

ワイヤレスマイクには、使用する電波の周波数帯によって、種類が分かれています。従来は、A型、B型、C型と呼ばれておりました。

昨今では電波法改正に伴い、日本で使用できる電波の周波数帯が再構築されました。

現在では、B型、C型、ホワイトスペース帯、1.2GHz帯、2.4GHz帯の種類があります。

免許が必要な電波がある

上述の周波数をもつワイヤレスマイクを、誰もがいつでも使えるかというと、そうではありません。使用にあたり、免許が必要なものと不要なものがあるんです。

限りある電波の帯域の中では、携帯電話事業者や、地上デジタル放送などでも電波を利用します。誰もがフリーで電波を使うと、混線などのトラブルが発生し大変なことになります。

そこで、電波の適正利用のために整備されたのが電波法であり、利用区分、料金、運用、監視体制などが規定されています。

詳しくは総務省HPをご参考ください。

ワイヤレスマイクの周波数帯

ワイヤレスマイクの特徴とメリット・デメリット

上の図の左側から説明いたします。


C型

300MHz帯を使用し、免許は必要ありません。電波が飛びやすいというメリットはありますが、一方で音質は期待できず、音楽用には向いていません。簡易的なスピーチ用のワイヤレスマイクや、無線機などで用いられます。


ホワイトスペース帯

470~714MHzの周波数帯で、この電波の使用には免許が必要です。「特定ラジオマイク」と呼ばれることもあります。免許の取得や申請の手続きに手間がかかることはデメリットですが、その代わりに混信する可能性が少ないことがメリットです。

音声、楽器音等を高品質に伝送することを目的としているため、音質は良いです。 弊社では、イベントやホール、ドームなどの大型イベントで使用することが多いです。


B型

B型(B帯)は、806~810MHzの周波数帯を使用します。こちらはも免許は必要ありませんので、手軽に使える点はメリットです。

しかし、混線しやすいこと、同一エリア内で最大で6本までしか使えない点はデメリットです。使用現場の近隣でB帯のワイヤレスマイクが使われていれば、混線したり、プツプツと音が途切れることがあります。都内の駅チカの建物も混線がしやすくて、B帯を使うときは冷や冷やしてしまいます。ホテルの式場のように、一つの建物で部屋ごとにB帯のワイヤレスマイクを使っている建物では、持ち込む際は予め会場側との使用チャンネルの確認が必要になります。混線しやすいということは、同時に自分の音が周囲にも混成させやすいことにもなりますので、迷惑をかけてしまうことがないように注意が必要です。

電波の混線が見られるときは、チャンネルを変更したり、電波の感度を調整したり、あるいは指向性の高いアンテナなどを用いて調整をしています。

機種によっては、同一エリア内でのマイクの同時使用本数が3本や、4本のものもありますので、本数がたくさん必要な時は有線のマイクと組み合わせたり、後述する2.4GHz帯のワイヤレスマイクを組み合わせたりします。


1.2GHz帯

「特定ラジオマイク」として制定された周波数帯で、こちらは免許が必要です。
使用場所の影響を受けにくい帯域のため、混線のリスクを避けたいときにお勧めのタイプです。


2.4GHz帯

免許の必要がなく、誰でも手軽に使用できます。また、A帯やB帯との干渉がありませんので、同時に使用しても問題ありません。同一エリア内で10波以上使用できる点はメリットです。ライブハウスなどで、アイドルなど人数が多いグループでは2.4GHzのワイヤレスを使っているのをよく見かけます。

ただ、この2.4GHz帯はWiFiやBluetoothと同じ周波数帯なのです。そのため、近くでWiFiをたくさん使っている環境があると、電波の受けが悪くなります。

加えて、この周波数帯の電波は遮蔽物に弱いため、マイクのレシーバーとトランスミッター(親機と子機のような関係)の間に物理的に遮られるものがあると、これも電波の受けが悪くなる要因です。

・リハーサル時は問題なかったけど、実際にお客様が入ると電波が途切れやすくなった

・近くでドローンを飛ばされると電波が急に途切れた。

などは現場あるあるです(´;ω;`)ウゥゥ

さらに、子ども達が集まるイベントでは、ゲーム機のすれ違い通信でも影響を受けてしまうことがあるようです。

周囲の環境には気を付けなければならない要因がたくさんありすぎて、警戒に眼がギラギラしてしまいそうですね。PAはいつもこういう事にも神経を使っています。

免許が必要なマイクは、使用者も免許が必要なの?

いいえ!大丈夫です。

これまでワイヤレスマイクの使用に免許が必要なタイプと、そうではないタイプがあることを説明いたしましたが、そもそも免許は誰が、誰からもらうものなのでしょうか?

ここでは簡単に免許のことについて触れてみたいと思います。

特定ラジオマイク運用調整機構(特ラ機構)

免許な必要なワイヤレスマイク(特定ラジオマイク)を使用する場合は、「一般社団法人特定ラジオマイク運用調整機構」に入会し、手続きをすることが必要です。(*特ラ機構と略されます)

次に、無線局(特定ラジオマイク)免許を取得します。 無線局免許の申請には、所定のフォーマットの申請書類と、特ラ機構の加入証明書が必要になり、総務省に申請します。審査が無事に通過しましたら、無線局免許が交付されます。

特ラ機構への入会は、対象となるワイヤレスマイクを購入した事業者が入会をします。一般のユーザーが音響会社などからワイヤレスマイクをレンタルした場合は、ユーザーの代わりに音響会社が特ラ機構に対して、使用の申請を出してくれます。

特ラ機構は何をしてくれているかと言いますと、テレビ中継やライブ、コンサートなどで電波が混線しないように「いつ」「どこで」「誰が」特定ラジオマイクを使っているのかを一元管理し、運用の調整をしてくれているのです。

もし事前に、使用場所や時間が被ってしまった場合は、使用する周波数のすり合わせをして、トラブルを回避することができます。

詳しく知りたい方は、特ラ機構のHPをご参照く

オススメのワイヤレスマイクは?

SHUREのULD-Xは1.2GHz帯のワイヤレスマイクです。音質が非常にクリアであり、電波の受信状態も安定しています。

弊社、サウンドサイトでもレンタルを取り扱っています!

そして、2.4GHz帯でオススメなのは、こちら!


2.4GHz帯のワイヤレスマイクといえば、LINE6が主流でしょう。

2.4GHz帯は周囲の環境に非常に気を遣わなければなりませんが、状況をよく確認して、適切に調整をすれば、恐れるものではありません!

5G時代に向けて…

ワイヤレスマイクの使用については、電波法による制約があったり、使用が面倒が側面もあるかもしれません。しかし、電波法改正に至った背景としては、これからの5G(第5世代移動通信シス テム)到来に向けて、迅速かつ円滑な普及、あらゆる社会経済活動の基盤となる電波の有効利用の促進が目的となっております。

例えば、将来のAIカーでは、前後の障害物だけを認識するだけではなく、建物の陰に隠れている人も認識できるようになり、飛び出しによる交通事故を未然に防げるようになるかもしれません。

これも5G時代のインフラ整備と、電波の整備があってこその話だと思います。

新しい時代の到来がワクワクしますね!

パワードスピーカーのヒューズ交換をする方法

ヒューズの交換

わたしは音響のオペレーションをする時、自分用のモニタースピーカーを使うことがあります。

小型ながらもなかなか音を出してくれるスピーカーはこちら!

BEHRINGER CE500A-BK

です!

ところが、先日現場で使用した後、スイッチを入れても、ウンともスンとも言わなくなってしまいました…。

メーカーの補償期間も過ぎてしまっていましたので、今回は自分で修理を試みることにしました。

電源部分の導通確認

まずは、導通チェック。パワードスピーカーの電源が全く入りませんでしたので、そもそも電源部分が壊れているのではないか?と思い、中を開けてみました。

BEHRINGER CE500A-BK

そして、テスターを導通モードにして、電源のピンと基盤の裏側の対応する金具にテスターを当て、ブザーが鳴ることを確認します。

プロ音響用の機材は、通常電源ケーブルは3芯です。ひとつはアースになっており、基盤本体のどこかに繋がっています。

どこをチェックしても、

「ピー」

「ピー」

「ピー…」

ふむ、、、ここは問題がなさそうです。

*分解する時はあくまで自己責任でお願いいたします。

はて、そうするともっと下流に問題があるのか、と思いきや

電源付近にあるではありませんか!ヒューズが!

ここが怪しいと思って、とりあえず取り出してみました。

ヒューズのチェック

BEHRINGER CE500A-BKの電源部分の様子
ここに、、、
BEHRINGER CE500A-BKのヒューズケースの様子
こんなものがはまっていました。
マイナスドライバーを使って抜き出してみると…
BEHRINGER CE500A-BKのヒューズを取り出した時。
こーんな感じになっていました。
ヒューズがホルダーされています。

外観からではこのヒューズが切れているかどうかは判別できません。透明のタイプは、中に細い電線(エレメント)が見え、ヒューズが切れてしまっているときは、それが断線していることで確認ができます。

とりあえずテスターで測ってみました。

「・・・」

ブザーが鳴りません!

やはりヒューズが原因だったようです。

まずは交換してみようと思い、近所の島忠HOME’Sに走りました。

っと、その前にどのような規格のヒューズを買えばよいのか、確認が必要ですね。

よーく見てみますと、「250V 1.6A」という文字が刻まれていました。これと同じものを買えばよいのですね!

規格にあったヒューズを選ぼう

とりあえずお店でヒューズを探してみました。

しかし、もとのヒューズの規格「250V 1.6A」と一致するものがありません。。

一番近いもので、「250V 1.5A」というものが2個で150円程度で売っていましたので、まあなんとかなるだろうと思って購入。

ヒューズは容量の大きなものに変更してしまうと、機材本体に思わぬ電流が流れて故障してしまうことがあると思いますが、0.1A値が小さい分には、大丈夫だろうと考えました。

簡単交換でスピーカー復活!

バアーーン!!

さあ、いよいよ新品のヒューズに交換です。

ソケットにセットして嵌めるだけの簡単な作業です。

その結果、、、

点いた!!!

入りました!電源が!

音も出してみましたが、全く問題ありませんでした。

これで新しいものを買わずに済みました。

実は今回は、とある野外現場で前日設営をした後、致しかなたくテントの中に設置したまま一晩を置いたのです。その翌朝はものすごい朝露が発生していたので、おそらく水分によってショートをしてしまった可能性があると考えています。

メインどころの機材は一度バラして車の中に入れましたが、このスピーカーまでは対応ができず、、、やはり朝露の激しい環境に置きっぱなしにしてしまうとダメですね。今後は気を付けなければ、と反省です。