「バーチャルPA」とは何か?

通常、イベント等で音楽を流す場合や、マイクを使って声を遠くまで届ける場合は、PA(音響)が必要になります。

PAは、その会場に合わせて適切なプランを設計し、適宜スピーカーやマイク、その他付帯するすべての機材を持ち込み、音がきれいに聞こえるようにセッティングを行います。

ライブやコンサートでは、楽器の音を拾い、それぞれの音色がもっとも美しく聞こえるように、音を調整し、ミキシングを行って、観客に届けます。

演劇では、決まったタイミングで、BGMを効果的に流したり、効果音を出して、演出を最大限に生かすサポートをします。

その他イベントでは、司会や進行に合わせて、タイミングよくBGMを流し、その場の判断も加えながらその場の空気感・空間創りをリードしていきます。

音をきれいに調整し、バランスよくミックス。
リアルタイムに最適なBGMや効果音で雰囲気を彩る。
PAのノウハウをインターネットを介して、
遠隔でオペレーションするサービス

それが

次世代音響サービス「バーチャルPA」

こんな方におすすめ

「バーチャルPA」のしくみ

01.

Web会議ツールを活用したPA演出の配信

ZOOMやTEAMSなどのWeb会議ツールを使い、弊社のPAスタッフもそのメンバーの一員として参加いたします。Web上での企業懇親会や飲み会、パーティなど企画は様々。あらゆるシーンを盛り上げる音の演出をお届けします。PAスタッフは事務所または自宅からオペレーションを行います。まるでリアルタイムでテレビ番組を見ているような音の演出が付くことで、本格的な雰囲気になります。

 

02.

バーチャルライブのオペレーション

音楽ライブもネット上で確立し、オペレーションを行います。プレイヤーはそれぞれ自宅から、ネットのツールを介して、弊社に音の信号を送っていただきます。その信号を弊社PAがきれいな音に補正・調整を行い、各パートがバランスよく馴染むようにミキシングを行います。そうして創り上げられた迫力のあるサウンドを、視聴者の方に配信いたします。会場を押さえなくても、もはや自宅から音楽の発信ができる新しい形のライブ…それが、バーチャルライブです。

 

03.

イベント会場の音響設備をリモートでコントロール

いつも同じ会場で、同じような催事を行うケースを想定しています。事前に、遠隔操作ができるようなシステムを構築することが前提になりますし、現地で主催者様側にご協力を頂く作業も発生してきます。しかし、ひとたび仕組みを構築してしまえば、当社PAが会場の様子をモニタリングしながら、遠隔でオペレーションを行うことが可能です。*詳しくはお問合せください。

 

常識を覆す、新しい音響のスタイル
「バーチャルPA」
これからのイベントの可能性を
広げます

*「バーチャルPA®」は株式会社サウンドサイトの商標登録サービスです。

オペレ―ション料金

通常価格 30,000円

特別価格 20,000円

 

●料金は税別表記です。

●機材代がかからないので、お得!

●持込機材がないため、運搬料もかかりません!

●会場機材をリモートコントロールする場合は別途機材が必要になる場合がありますので、事前にご相談ください。

 

【ご注意事項】

*著作権の音源を配信に利用する場合は、使用許可の申請をいたします。申請に係る作業は弊社にて行いますが、使用料(料金はJASRACなどの協会の規定に従います)は別途ご請求させていただきます。

*著作権フリーの音源を使用する場合は、別途料金は発生いたしません。

*当該サービスはインターネットを用いることから、その特性上、回線の速度はお客様の通信環境に依存する場合がございます。必ずしも、音の途切れや遅延が発生しない訳ではございませんので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

*バーチャルライブのサービスは、プレイヤー自身のモニターの環境によって、演奏に支障をきたす程度の音の遅延が発生する可能性がああります。その場合は、事前により快適にモニターできる環境、方法を相談の上、決定をさせていただきたく、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

*会場機器を遠隔で操作する場合は、会場機材が当該機能に対応していない場合は、機材の入れ替えの提案、もしくは貸与のご相談をさせていただく場合があります。