αフィールド

αフィールドのイメージ画像

αフィールドとは

人の耳に聞こえる音の高さには限界があり、一般的には20kHz程度までの音しか聞きとれないといわれています。しかし、自然界にはこの20kHzを超える周波数の音が存在しており、木々のざわめきやせせらぎの音などに多く含まれます。
そして、この高周波数成分を耳からではなく、身体で感じることによって、リラックスした気分になるなどのさまざまな影響があることが研究の結果解ってきました。

音が人の身体に与える影響を研究する当社サウンドサイトでは、この現象を引き起こす音場を創り出し(αフィールド©)、日常からイベントまでさまざまシーンで臨場感をプラスできるサービスを提供しています。

リラクゼーションサービスを提供されている方 店舗・サロン・クリニックを運営されている方 音楽療法に取り入れたい方 自宅のオーディオ環境を改善したい方
αフィールドの効果検証 イメージ画像

αフィールドの効果検証

自然の中に身を置くことで、ストレスが軽減される経験は誰しも心当たりがあるかと思います。自然の中に含まれる高周波成分は耳から聴くことができなくても、自然と触れ合うことでリラックスできることを、私たちはもともと知っているのかもしれません。

どうして高周波成分を身体で浴びるだけでよいのか?そのメカニズムは未解明なことが多く残されていますが、サウンドサイトでは大学機関と共同しながら、その解明と応用を研究しております。

αフィールドで発生させる高周波成分を、特殊なマイクで測定したようす。この成分の音を通常のBGMに重畳させます。

αフィールドの高周波成分

ストレス応答の指標として、だ液中に含まれるアミラーゼ活性を測定したようす。リラックス時はアミラーゼ活性の値が低下します。

アミラーゼ活性の変化

脳波を測定する時は、特殊な電極を頭部に取り付け、測定・分析を行います。

電極の位置